セルライトの分類

セルライトは、症状により4タイプに大別されます。

4タイプをセルライト対策の難易度順に説明します。

【脂肪型セルライト】
年齢に関係なく女性の約50%がこのタイプのセルライトに悩まされています。

しかし、通常のダイエットと同じメニューで比較的ラクに改善できます。


【浮腫型セルライト】
脂肪型セルライトの次に多いのが、浮腫型セルライトです。

脂肪型と同じく比較的落としやすいのく、対処法としては血行促進や基礎代謝のアップなどが効果的です。

しかし、極度のリンパ浮腫の場合は、医療機関での治療が必要です。


【線維化型セルライト】
全体の約10%に見られる症状が、この線維化型セルライトです。
長年にわたってセルライトが堆積し、皮膚の表面がデコボコとした状態になります。

頑固な線維化型セルライトは、セルフケアでの除去は困難で、専用の機器を備えた、エステサロンなどでしっかりとした対策が必要です。


【筋肉質型セルライト】
一番厄介なのが、筋肉質型セルライトです。

過去にスポーツなどで鍛えた筋肉の上に、運動不足ないより、皮下脂肪膜ができ、血液やリンパの流れを妨げ、セルライトを発生させます。

4タイプのなかで、一番除去が難しく、専門的な医療機関で、継続的な対処が必要となります。

セルライトと女性ホルモンの関係

セルライト対策では、血液とリンパのスムーズな流れを維持することが、重要なポイントとなります。

しかし、女性には月経がありこの時期にもホルモンのバランスが変わり血液やリンパの流れが変化します。

また、妊娠やピルの服用、更年期などでも、女性ホルモンのバランスが変化するので、この時期にセルライトができやすいといわれています。

ホルモンバランスが崩れることで、血液とリンパの流れに影響が出て、むくみ・冷え性となり、セルライトができ易くなり、更に血液とリンパの流れを阻害する、悪循環に陥りやすい時期といえます。
セルライトの原因は運動不足だけではなく、このような女性ならではの原因も重要です。




セルライトとリンパとダイエット

セルライトの原因は、老廃物や脂肪が溜まることで発生します。

この、老廃物はリンパとして、リンパ管を流れてリンパ節から静脈を経て腎臓へい至り、尿として体外に排泄されます。

血液は心臓がポンプの役目をし、体内を循環していますが、リンパはポンプとなる専用の器官はなく、筋肉の収縮運動で循環されます。

リンパの流れが悪くなる原因の一つとして、運動不足と肥満が上げられます。

以上の観点から、セルライトを除去するには、リンパの流れをよくする必要が有り、リンパの流れを改善するには、適度な運動でリンパの流れを改善することや、ダイエットで肥満を改善することが必要です。

つまり、セルライトとリンパとダイエットは密接に関連しているのです。



セルライトとコラーゲンの関係

セルライトは、簡単に言うと、血行障害などで老廃物や脂肪が溜まるのが原因ですが、主な成分は皮下脂肪やコラーゲンです。

皮下の脂肪組織は毛細血管の回りにあって、流されないようにコラーゲンで囲まれていますが、女性ホルモンの一種であるエストロゲンに、コラーゲンの結合を弱める作用があります。

このコラーゲンの結合が弱くなると、脂肪細胞が遊離してセルライトになります。

セルライト対策として、エストロゲンを抑制することも考えられますが、エストロゲンを抑えるとカルシムの吸収率が悪くなり骨密度に影響が出ることが考えられるため、セルライト対策として、エストロゲンを抑制するようなホルモン療法は行われていません。




セルライトと美顔

セルライトは、下半身だけではなく、体の箇所で発生します。

特に、首から顔にかけては、直接人の目に見える場所だけに、注目度も高い箇所です。

体のセルライトのように、皮膚の表面がデコボコになることはないものの、「むくみ」や「たるみ」の原因として、顔のセルライトが注目されています。

顔のセルライトの発生原因は、他の部位と同様に、皮下脂肪の増大によってリンパ管や血管が圧迫されることで、たるみ・むくみだけではなく、顔色を悪く見せたり、くすみやクマが目立ってくるようになります。

また、加齢による新陳代謝の低下によっても、顔のセルライトが発生しやすくなります。

顔色が悪くなったり、シワが目立ってきたら要注意です。



セルライトのセルフチェック

セルライトの、かんたんなセルフチェックをしてみましょう。

セルライトかな?、と気になる箇所を両手でつかみ、しぼるような感じで、ギュッとねじってみて下さい。

この時、皮膚の表面がボコボコともりあがってきたら、それがセルライトです。

セルライトはほおっておくとどんどん硬くなり、やがて痛みを感じる場合も出てきます。

セルライトは特に女性に起こりやすいといわれており、体型や肌が気になる女性には特に深刻な問題です。

デスクワーク中心の社会人は特に運動する機会も少なく、セルライトが出来やすい環境にあると言えます。

どうしても年齢を重ねるに従い、体に脂肪が付きやすく取れにくい状態になり、結果的にセルライトになってしまうのです。

これを防ぐにはやはり、バランスの取れた、適度な食事と運動が最良の方法です。

しかし、現在の社会生活は、飽食の時代と言われるように、多種多様な食べ物が沢山あり、適度な量に食事を制限するのが難しい環境です。

では、セルライトがついてしまったらどうしたらいいのでしょう。

もちろん運動することによってある程度の効果はあるようですが、やはり直接的な刺激がセルライトには一番効果があるようです。

重要なのは、暖めながら、適度な刺激でセルライトを揉み解し、リンパの流れに乗せて、体外に排出することです。



セルライトの予防

セルライトの前兆として、「むくみ」があります。

むくみは血流の悪化、リンパの流れが悪くなることにより、発生します。

むくみを放置しておくと、やがて滞った老廃物(リンパ)に脂肪が絡みつきセルライトとなる可能性があります。

むくみを感じた時点で、早めの対策を行っておけば、自分で行う比較的軽い対処方法で、セルライト予防を行うことができます。

対処方法は、基本的にセルライトや冷え性の対処方法と一緒で、マッサージや温浴効果で血流を促進し、リンパの流れを改善することで、対処可能です。


セルライトと冷え性の関係2

セルライトと冷え性の関係を前回お伝えしました。

今回は、特に冷え性の原因と対策について書きます。

冷え性の3大原因は、筋肉の衰え、着衣の問題、自律神経症が挙げられます。

【筋肉の衰え】
筋肉は血液やリンパの流れを作り出すポンプの役割をしていますが、筋肉の働きが衰えると、ポンプとしての機能も損なわれ、血行が悪くなり、冷え性やセルライトの原因となります。

【着衣の問】
サイズの合わない下着や、靴下の重ね履き等で、過度の締め付けが続くことにより、血流が悪化することで、冷え性やセルライトの原因となります。

【自律神経症】
空調設備の発達で、気温差の少ない生活を続けていると、温度差による刺激が少なくなり、自律神経の働きが鈍くなります。
これにより、体温調節機能も衰えてしまい、冷え性を起こします。

以上のことから、筋肉を鍛えるための適度な運動、締め付け過ぎないよう体格に合った下着の着用、冷暖房機器の使用を控えることで、冷え性を解消し、セルライトの除去に繋げましょう。


セルライトと冷え性の関係1

セルライトの原因の一つが冷え性であり、冷え性の原因の一つがセルライトです。

鶏が先か卵が先か?と同様の関係が、冷え性とセルライトにも当てはまります。

冷え性の原因の一つに、血行不良があります。

冷え性から、血行不良となり、老廃物(リンパ)の流れも妨げられ、これに脂肪が結びつき、やがてセルライトとなります。

さらに、セルライトができることにより、血行不良が助長され、冷え性が進む悪循環が繰り返されます。

このように、冷え性とセルライトは切っても切れない関係にあり、セルライト対策と共に、冷え性対策も同時進行させるのが、効率よいセルライト対策となります。

そして、冷え性・セルライトの両方に関連深いのが「リンパ」です。


セルライト除去のダイエット効果

セルライトの弊害の一つに、ダイエットして体重が減少したにも関わらず、太もも等がサイズダウンしない事象が挙げられます。

また、ダイエットが思うように進まない原因も、セルライトにより、血行不良を助長し、新陳代謝を妨げ、脂肪の燃焼ができないことに起因する場合が有ります。

ダイエットの原則は、運動等の刺激による脂肪燃焼の促進と、食事制限による過剰な脂肪源の摂取を行わないことです。

ですから、セルライトを除去することで、セルライトの原因である、脂肪と老廃物(リンパ)を取り除く事で、血行を良くし新陳代謝を促し、脂肪の燃焼を促進することで、減量し見た目もスッキリとした、理想的なダイエットが可能となります。


セルライトとは?

セルライトとは、肥大化した脂肪の周りに老廃物や水分が溜まり、大きな塊になったもので、肌がでこぼこしたオレンジの皮のようになる(オレンジピールスキン)現象で、特に血行不良や脂肪の代謝不良が原因と説明されています。

お尻や太ももなど、脂肪が多く、血行の悪いところに起こりやすい現象です。

日本人は欧米人に比べると、体質的にセルライトができにくいともいわれていますが、実は体系にかかわらずほとんどの女性に見られる現象のようです。

セルライトの一番の問題は、セルライトができると脂肪層も厚くなり、肥満体質になりやすく、セルライトにより更に血流が悪くなり、むくみや冷え性の原因になることにあります。

また、体重が落ちても下半身のサイズが変わりにくい原因は、セルライトにあります。

セルライトを取り除くには、血行不良を改善する必要が有り、暖かくしてマッサージすることが基本となります。



【スポンサードリンク】

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。