セルライトとコラーゲンの関係

セルライトは、簡単に言うと、血行障害などで老廃物や脂肪が溜まるのが原因ですが、主な成分は皮下脂肪やコラーゲンです。

皮下の脂肪組織は毛細血管の回りにあって、流されないようにコラーゲンで囲まれていますが、女性ホルモンの一種であるエストロゲンに、コラーゲンの結合を弱める作用があります。

このコラーゲンの結合が弱くなると、脂肪細胞が遊離してセルライトになります。

セルライト対策として、エストロゲンを抑制することも考えられますが、エストロゲンを抑えるとカルシムの吸収率が悪くなり骨密度に影響が出ることが考えられるため、セルライト対策として、エストロゲンを抑制するようなホルモン療法は行われていません。





この記事へのトラックバック

【スポンサードリンク】

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。