セルライトを対策成分メリロートとフーカスと明日葉

セルライトを防ぐ効果があると期待される成分として、メリロートとフーカスが注目されています。

メリロートは、ヨーロッパからアジアに広く分布しているマメ科の植物で、メリロートに含まれるクマリンという成分に血液循環を良くする作用があるため、手足のむくみを改善しセルライトを防ぐ効果があると期待されています。

フーカスは、スカンディナビア半島の北海沿岸にはえる海草(褐藻煤)で、天然ミネラルであるヨウ素を含んでいます。
このヨウ素が、新陳代謝を高め、肥満やセルライトを防止する効果があると考えられています。

しかし、メリロートの過剰摂取は、肝機能障害を引き起こす原因になることがあるので、1日300mg〜3gまでの適用量を守る必要が有り、ヨウ素の過剰摂取もまた、甲状腺機能障害を引き起こす原因になることがあるので、1日3mgを越えないように注意する必要があります。


明日葉は、八丈島・大島など伊豆方面に自生するセリ科の植物で、カルコンとクマリンを含んでいます。
カルコンは明日葉特有の成分で、クマリンと同様に血液循環を改善する作用があります
明日葉は健康ブームに乗って、明日葉茶などとして、一般に販売されているので、手軽に入手でき、セルライト対策に活かせます。




この記事へのトラックバック

【スポンサードリンク】

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。